TOPNEWS

2012年05月10日

借金地獄の高岡早紀がAV出演を断った理由

    
布袋寅泰との不倫騒動など、すっかり魔性の女のイメージが定着してしまった高岡早紀。
第三子の父親で、事実婚状態だったA氏の借金トラブルに巻き込まれてしまった高岡早紀だが、通常の女優の仕事だけでは返済が苦しい状況だという。
そんな中で浮上したのがAVの話。
しかし高岡早紀はAV出演を頑なに拒否。
その背景にはこんな事情が…→ ranking

高岡早紀+篠山紀信

続きを読むentameranking
track.gif
PICKUPNEWS
Powered By 画RSS

    
    
第三子の父親であるA氏は、高岡より5歳年上で、不動産業を営む実業家だった。交際当時は非常に羽振りが良く、彼女がA氏の子どもを産む決意をした理由のひとつはその経済力だった。

「決め手となった口説き文句は『芸能界の仕事を辞めても全部面倒を見る』。
ガッシリした体格だけでなく、性格も経済的にも頼りがいのある男性と感じたことでしょう。ところが、数々の男を振り回して魔性の女とまで呼ばれた高岡早紀の“男を見る目”が見事にハズレた。皮肉なものです」(週刊誌記者)

そう、A氏は昨秋、多額の借金を抱え行方をくらましてしまった。あちこちに怪しい投資話を持ちかけ、少なくとも5人の知人から数千万円を集めたまま、返済期日が迫ると失踪。一部の金は高岡名義の口座に振り込まれていたこともあり、彼女も愛知県警の事情聴取を受けることとなった。さらに今年2月、高岡の母親が経営していた会社、(有)バニラポットが、出資をめぐって個人出資者から損害賠償請求を起こされ、破産。前夫である保阪尚希との間にもうけた二人の息子は14歳と12歳。これから進学を控えており、生まれたばかりの長女も含めてまだまだ養育費がかかる。さらに保坂から譲り受けた自宅のローン返済……。まさに四面楚歌とはこのことだ。

そんな状況だけに、昨年から度々飛び交っているのが高岡早紀のAV出演の話。
複数のメディアがAV出演の可能性を報じ、実際にいくつものメーカーが交渉に動いたという。中には破格の億超えの出演料を提示したメーカーもあったようだが、思春期を迎えた子どもたちを抱えていることもあり、合意には至らなかった。

魔性の女と言えども母は母。
思春期の息子のためにAVは断ったものの、多額の借金をどうやって返済していくのだろうか…(メンズサイゾー)
高岡早紀、全裸立ちバックシーンGeinoureading
高岡早紀、全裸立ちバックシーン→ Entameranking
高岡早紀、全裸立ちバックシーン→ Douga ranking
バタアシ金魚(期間限定)(DVD)



★高岡早紀の消したい過去ENTAMERANKING
★高岡早紀の危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票



【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 13:00 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする