TOPNEWS

2012年04月27日

井上和香が揉み消したヤバイ過去!

   
誕生日である5月13日に婚姻届を提出することが報じられた井上和香。
お相手は映画監督の飯塚健氏で、2人は飯塚氏の監督作品『荒川アンダー・ザ・ブリッジ』の撮影が始まった昨年3月に現場で知り合い、撮影終了後に交際を開始したという。
そんな井上和香の「揉み消されたヤバイ過去」が話題に。
井上和香のヤバイ過去→ ranking

井上和香/和香白書(DVD)

続きを読むentameranking
track.gif


PICKUPNEWS
Powered By 画RSS

   
   
「サンスポがスクープしたのも納得。なんといっても、同紙の芸能デスクは井上が芸能界入りする前に六本木の人気店・Nでナンバー1キャバクラ嬢だったころからの熱烈な“サポーター”で、井上がグラドルとして芸能界デビューする際にも大々的に紙面でPRしていた。井上にとっては、キャバ嬢時代にはたっぷりお金を落としてくれて、芸能人になったらタダでPRしてくれるありがたい存在に違いない」(芸能プロ関係者)

キャバ嬢時代の写真付きダイレクトメールが出回るなど、キャバ嬢であったことが半ば公然の事実となっている井上だが、2006年にドラマ『黒い太陽』でヒロインのキャバクラ嬢を演じた際には制作発表会見で「今までやったことのない役柄なので悩むこともありますが、共演者の方々の力をお借りして、演じ切りたい」と淡々とあいさつ。たしかに、演じたことのない役柄ではあったが、井上の中でキャバ嬢時代は“なかったこと”になっているようだ。

「Nにはかなり多くの芸能界関係者が訪れていたが、芸能界入り後、井上はお客さんだった関係者に会っても平気で『どうも、初めまして』とあいさつしたという。とはいえ、芸能界入りのきっかけも、常連客だった大手出版社の漫画誌担当編集者から事務所を紹介してもらい、さらにはその漫画誌でグラビアデビューを飾ったから、かなり根性が据わっている」(出版関係者)

デビュー時はグラビアやDVDが中心だったが、ここ数年は女優業にシフト。結婚相手の飯塚監督は今後ますますの活躍が期待されるだけに、「飯塚監督も井上を起用すれば話題になるだろうから、井上の女優業はしばらく安泰。結局、芸能界入りから“男運”に恵まれていたようで、ナンバー1キャバ嬢時代に磨いた、男を見分ける目は大したもの」(週刊誌記者)。
女優としての井上にとっては、大きなプラスとなる結婚に違いない(日刊サイゾー
井上和香の結婚相手がヤバイと話題にGeinoureading
井上和香の結婚相手がヤバイと話題に→ Gazouranking
井上和香の結婚相手がヤバイと話題に→ Entameranking
週刊ヤングサンデーDVD 井上和香/WAKASAWAGI(DVD)

キャバ嬢時代の客に対しても平然と「はじめまして」と挨拶するあたり、相当、腹は座ってそうですね。
このしたたかさで女優としても活躍が期待できそうですね。


★井上和香の消したい過去ENTAMERANKING
★井上和香の危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票

【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 08:52 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする