TOPNEWS

2012年02月01日

ジャニーズパンダ騒動の裏にある「本当の目的」ファンからは怒りの声が…

    
ジャニーズ事務所の近藤真彦が立ち上げた『Marching J』による宮城県仙台市・八木山動物公園への「パンダ招致」計画。中国からパンダ2頭を招き、飼育に必要な費用5年分(約50億円)を『Marching J』で集まった募金とジャニーズ事務所の関連会社4社の寄付で賄うという構想だ。
しかし被災地復興支援の名目で集めた多額の寄付金を「パンダの飼育」に使うことに対して批判の声が殺到。ファンからも「もう二度と協力しない」と怒りの声が上がっている。
そんな中、ジャニーズが『Marching J』の寄付金を使ってパンダを招致しようとしている裏にある「本当の目的」が明らかに。
ジャニーズパンダ騒動の裏の本当の目的とは…→ ranking

ジャニーズ研究会 / ジャニーズ恋愛相関図 〔Book〕

続きを読むentameranking
track.gif


PICKUPNEWS
Powered By 画RSS

   
   
近藤真彦がパンダ招致を発案したのは半年前から。
この計画を実現するため、自ら奔走してきたという。
しかし募金に協力したファンからは冷ややかな声が上がっている。

「去年4月に行われた募金活動や、チャリティー野球大会、それから、ショップの募金箱にもささやかながら募金を続けてきました。でも、それがすべてパンダのために使われることになるなんてショック。本当にそれが被災地のためになるんでしょうか......。単にマッチの株を上げるためだけに使われちゃったような感じがします」(イベントなどに参加したジャニーズファン)
そんな中、今回のパンダ騒動の裏の「本当の狙い」を指摘する声が。

昨年9月にSMAPが初の海外公演として中国でコンサートを行い、3万人以上のファンを集めたことが日中両国で大きな話題となった。
中国での公演の成功により、今後もジャニーズの海外進出、特にアジアへの展開が本格化することが予想されるが、今回のパンダ招致はこの先の中国戦略の一環だとの指摘が。
このような指摘に対してファンからは「これではまるで詐欺」と厳しい声も上がっているが…(記事参照:サイゾーウーマン、コバ真ch、web拾い)
ジャニーズおっかけマップ 2011

韓流スターが続々と来日している影響もあり、ジャニーズはかなりの危機感を感じているようですね。
パンダ招致の裏に本当にこのような思惑があったのかどうかはわかりませんが、いずれにせよ、ファンの気持ちを踏みにじってしまった代償は大きそうですね・・・


★近藤真彦の消したい過去ENTAMERANKING
★近藤真彦の危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票



【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 13:00 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする