TOPNEWS

2012年01月25日

ダルと紗栄子「離婚の裏条件」慰謝料なしの裏にはこんな密約が!

    
先日、ようやく離婚が成立したダルビッシュと紗栄子。
サエコが慰謝料の他に月1000万円と言う破格の養育費を要求していたことでも話題になった離婚騒動だが、最終的には慰謝料ゼロの養育費は月200万円。
しかしその裏にはこんな「裏条件」が…→ ranking

日テレジェニック2003 サエコ(DVD) ◆27%OFF!

続きを読むentameranking
track.gif


PICKUPNEWS
Powered By 画RSS

   
     
サエコが要求している破格の養育費を巡り協議が難航していたダルビッシュと紗栄子の離婚問題。
結局、紗栄子が妥協し、1000万円から大幅減の200万円で最終決着…と思いきや、話し合いはそんな単純なものではなかったようだ。

そもそも金額を巡って対立していたのはサエコとダルビッシュのお父さん。
「一銭たりともまけさせない」というサエコと高額の養育費に強硬に反対するダルビッシュの父親がともに譲らず、離婚協議がここまで長引いてしまったという。

そんな離婚協議の中でまず最初に折り合いがついたのが「慰謝料なし」という条件。
慰謝料は高額だと贈与税の対象になってしまうが、養育費なら税金は発生しない。
問題はその養育費の金額。
最後の最後まで月1000万円を主張するサエコに対し、ダルビッシュ側は最終的には月200万円にするかわりに「ある条件」を付けたという。

そのある条件とは「サエコが今後、ファッションブランドを立ち上げた際の資金援助」
さらに子供たちの相続権について「格別に配慮する」という約束。
今後、ダルビッシュが再婚して子供ができたとしても、サエコとの間の子供たちが優先して相続できるよう、ダルビッシュが配慮するというものだ。

しかしこの「資金援助」の金額については一切決められておらず、このことが将来的な火種になる恐れはじゅうぶんにありそうだが…(女性自身)
バックダンサーズ!(期間限定)(DVD)

ネット上では「そんなに養育費がかかるはずがない」「サエコが養育にかけている金額はどれくらいなんだろう」という声が出ていました。
ちなみに女性自身によると
・長男が通うスクール 年間 200万円
・ベビーシッター代  年間 480万円(月 40万円)
・マンションの家賃  年間1200万円(月100万円)
合計すると年間で1880万円。
その他、身の回りの必要な物や食費などを考えると月200万、年間2400万円の養育費は妥当なのかもしれません。
我々庶民からは想像もできない養育方法ではありますが…


★サエコの消したい過去ENTAMERANKING
★ダルビッシュの危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票



【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 07:59 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする