TOPNEWS

2011年12月27日

松嶋菜々子が承知できない家庭問題

    
最終回の視聴率が40%を記録したドラマ「家政婦のミタ」
これは2003年に放送された「GOOD LUCK」の37.6%を抜き、今世紀の連続ドラマでは1位となる快挙となった。
久々の連ドラ主演でのいきなりの大記録で健在ぶりをアピールした松嶋菜々子だが、そんな松嶋菜々子が「承知できない」家庭問題が明らかに。
松嶋菜々子が承知できない家庭問題とは…→ ranking

救命病棟24時 スペシャル2005 第1シリーズディレクターズカット特別版(DVD)

続きを読むentameranking
track.gif


PICKUPNEWS
Powered By 画RSS

   
   
連続ドラマとしては11年ぶりに視聴率40%を超えた家政婦のミタ。
これは2000年に放送された「ビューティフルライフ」最終回の41.3%以来の快挙。
瞬間最高視聴率も42.8%と驚異的な数字を記録した。

一時はトップ女優として活躍していた松嶋菜々子だが、反町隆史との結婚や出産で仕事を抑えた影響もあり、ギャラも半額まで下落。
そんな中でも今作の大ヒットは松嶋菜々子の復活を強烈にアピールした。

しかし、なんでも「承知しました」と受け入れるミタさんも承知できないのが、夫である反町隆史の現在の状況ではないだろうか。
久しぶりに主演したドラマ『グッドライフ』(フジテレビ系)の平均視聴率は9%以下と停滞した。

「子煩悩な反町は2人の子供をすごくかわいがり、近所の公園にも散歩に行くし、料理などの家事も献身的にこなしています。今流行りのイクメンと言えば聞こえはいいですが、一部では反町こそ"松嶋の家政婦"になっているという声も聞こえてきますよ」(同)

2001年、ともに人気の絶頂で結婚した当時は久々のビッグカップル誕生と騒がれた。だが、2人が共演して結婚のきっかけとなった『GTO』(フジテレビ系)が大ヒットして以来「鬼束先生」を払拭するだけの代表作に恵まれていないことは確かだ。夫婦間にはスキャンダルこそないものの、同業として同じステータスだったはずが今は完全に松嶋が上になってしまった。反町と同時期にブレイクした竹野内豊は、渋い魅力と恋愛ものから歴史上の人物まで幅広く演じる力で健在だが、反町のハマリ役であった熱血漢は市原隼人などの若手に取って代わられている。とはいえ、反町にも一時代を築いた男として意地もプライドもあるはず。妻の大ヒットを受けて2012年の奮起は誰もが期待するところだ。

最終回にはやっと微笑みを見せたミタさん。続編や映画化はないといわれているだけに、次はダンナのヒットを笑顔で見守る姿が最高のハッピーエンドになるはずだが......。
メンズサイゾー
百年の物語 第一部 愛と憎しみの嵐(DVD) ◆22%OFF!

「グッドライフ」では家庭を顧みない冷たい父親から、最後は子供のために人生を見つめ直す良きパパへと生まれ変わった反町隆史。
その演技力や存在感は俳優としてまだまだ素晴らしいと感じました。
来年の巻き返しを期待したいですね。。。



★松嶋菜々子の消したい過去ENTAMERANKING
★反町隆史の危ないうわさGEINOU UWASA
Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票



【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 13:00 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする