TOPNEWS

2011年10月12日

自殺した漫画家の最後のつぶやきが怖すぎる 自殺直前に残した最後のツイートは…

   
講談社が隔週で発売している青年漫画誌「イブニング」で作品を連載中だった漫画家の青山景さんが自宅で自殺しているのが発見されたが、その青山さんが最後に残したツイッター記事が怖すぎると話題になっている。
自殺した青山さんが最後に残したつぶやきは… → ranking

SWWEEET-スウィート 全巻セット 1〜2巻 完結    
   
青山景さんは2003年に月刊IKKIの新人賞「イキマン」で漫画家デビュー。
同誌で初の連載策となる「SWWEEET」を発表。
その後も「ストロボライト」「チャイナガール」などの作品を手がけ、現在はイブニングで「よいこの黙示録」を連載中だった。

わずか32歳という若さで自ら命を絶った青山さんを惜しむ声が出ている中、その青山さんの最後のツイッター記事が話題になっている。

青山景さんのツイッター記事に異変が起きたのは10月5日から。
「目をつむり へらへらしているそのうちに 地獄の淵を踏んでいるなり」
と意味深なコメントを投稿すると、翌6日も
「僕は恐れない、僕は恐れない。もし君が、ただそばに居てくれるならば。」
「私は私に、真綿で首を絞めるようなやり方で、殺されつつあるのだけど、問いたいのは、殺した後どうするつもりなのか、ということ。。」
と死を連想させる書き込みを投稿。

そして最後となったつぶやきは
「まあ、やり残したことや、やりたかった夢などはいっぱい残ってはいるけど、「思い残すこと」はあまりないのだ。僕は、僕が生きた32年に、結構満足しているのだ。」

遺書とも取れるこの書き込みを最後に自らの命を絶った青山さん。
ツイッターには「作家生命というものがあるとして、それを殺すことで、一体<私>は何を得るつもりなのだろうか」というつぶやきもされており、作家の仕事に悩んでいたのではないかと指摘する声も上がっているが…
青山さんのツイッター記事

よいこの黙示録 1

ファンの方には申し訳ないのですが、この漫画家さんを知らなかったのですが、ネットで公開されている作品を読んで見たところ、非常に興味をそそられる、続きを読みたくなる作品でした。
・チャイナガール第一話
・SWWEEET第一話
熱心に応援していたファンも多かったようで、あまりにも早すぎる死を残念がる声がたくさん上がっていました。
一体、何に思い悩んでいたのでしょうか。
青山さんのご冥福をお祈りいたします。

★人気漫画家の消したい過去ENTAMERANKING
★人気漫画家の危ないうわさGEINOU UWASA
▼モデルで女優の桐谷美玲、7歳年上俳優・笠原秀幸と熱愛
▼『リンカーン』で雨上がり宮迫が問題発言
▼【画像】中村静香のFカップ巨乳が画面狭しと揺れ動くw
▼ガチで良い人だと思う芸能人
▼あの「ふたりエッチ」のヒロイン役を演じたAV女優「七海なな」がAVを引退
▼お尻が魅力的な芹那のDVDをキャプってみた。 画像71枚
▼SMAP 禁断のタブー告白に驚きの声 その内容とは?
▼【速報】あの大家族物で一番カワイイ娘が17歳で妊娠した件
▼清楚な可愛い見た目で脱ぐと凄いAV女優「小倉奈々」のエッチな画像まとめ
▼武井咲のレイプシーンがエロすぎぃぃぃぃぃ【画像有】
▼【画像】ベッキー(27)の競泳用水着とかエロすぎだろwwwwwww
▼紳助の愛人を拒んで干された人気女優


Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票
【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 20:00 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする