TOPNEWS

2011年08月04日

前田敦子のために水島ヒロがイケパラ出演!?視聴率回復へ「最後の秘策」

   
主演ドラマ「花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜」が低迷するAKB48の前田敦子。
第四話の視聴率はとうとう5.5%にまで落ち込み、早くも打ち切り説が流れているイケパラだが、そんな崖っぷちの前田敦子を救う「秘策」が進められているという。
前田敦子のために水島ヒロが緊急出演を…→ ranking

AKB48
メンバー表紙【BOOK】ぶんか社名作文庫6タイトルセット

続きを読むentameranking
track.gif


PICKUPNEWS
Powered By 画RSS

    
    
AKB48前田敦子(20)主演のドラマ「花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011」(フジテレビ系)だが、7月31日に放送された第4話の視聴率が5.5%と、第2話の6.0%をさらに下回り、最低視聴率記録を更新してしまった。  
4年前の堀北真希(22)主演の「イケ☆パラ」は平均視聴率17%を記録していただけに、周囲も落胆の色を隠せないようだ。

しかし、前回は小栗旬や水嶋ヒロ、生田斗真といった、今となっては超豪華な面々がワキを固めていた。文字通り「イケメン天国」だっただけに、今回の「イケメン」キャストは少々物足らなく映ってしまう。その点で前田だけの責任とは言えなさそうなのだが…。

あるテレビ制作関係者は「ここまで低迷すると、もはや脚本に少々手を入れても新しいキャラクターをつくる必要がありますね。打ち切りをチラつかせられると脚本家もうんと言わざるを得ないでしょう。一番考えられるのは、すでに出演している以外のAKB人気メンバーをゲストで出すって方法論でしょうか。前田と同じ事務所のメンバーに出演スケジュール調整が始まったとも聞きます」と証言する。

また、別の関係者によると、「前回のイケメンメンバー・水嶋ヒロにダメモトで特別出演を打診しようかという話も聞きました。どうしても話題を作って数字(視聴率)を上げていかなければならないですからね」という声も。

すでに“打ち切り説”も飛び出している前田の「イケ☆パラ」。
早急なテコ入れが必要なようだ。
(リアルライブ)

HIT
’S LIMITED AKB48 前田敦子 ファースト・トレーディングカード

視聴率低迷は前田敦子の責任と言うより、企画したテレビ局側の問題でしょう。
前作が好評だったからと安易に製作した感がみえみえでえす。
今さらAKBの他のメンバーや水島ヒロを出したところでどうなんでしょうか…

★前田敦子の消したい過去ENTAMERANKING
★前田敦子の危ないうわさGEINOU UWASA

▼【閲覧注意】一番怖い行方不明事件
▼ダルビッシュ、斎藤佑樹をシカト
▼AKB高橋みなみのボッタクリ握手会にファン激怒 
▼ティッシュ一枚じゃ足りないAKBの抜き用画像
▼【宇宙ヤバイ】巨大ブラックホールに大量の水を確認
▼元AKB大島麻衣(23)のバスト89cmのおっぱい、これは触りたい
▼【画像】上戸彩のおっぱいデカすぎwwwwwwww


Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票

【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 16:00 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする