TOPNEWS

2011年06月07日

柴田理恵のお母さんが豪快すぎ!

    
個性派女優として人気の柴田理恵。
その柴田理恵が自分の母親をテーマにしたエッセイを発売したのだが、エッセイに描かれた柴田理恵の母親があまりにも豪快すぎると話題になっている。
柴田理恵の母の驚きのエピソードの数々は…→ ranking

【送料無料!ポイント2倍!!】【書籍】柴田理恵の100%昆布活用術

続きを読むentameranking
track.gif


PICKUPNEWS
Powered By 画RSS
    
女優・柴田理恵が初めて自身の母、須美子さんについて綴ったおもしろエッセイ『台風かあちゃん』がこのほど出版された。
ページを繰れば、須美子さんの超人的おもしろエピソードがてんこ盛り。17才で小学校の代用教員となった彼女の武勇伝は数しれない。

赴任先まで往復16kmの道のりを徒歩で通い、生徒たちの引率で行った動物園ではメガネをサルに取られて取っ組み合いのケンカ。
また、正規の教員となった後は、男性の同僚たちに負けじと連日飲み歩き、麻雀までつきあった。
男性教師と意見が衝突し、取っ組み合いのケンカをして自身の肋骨を折ったりも…。

須美子さんは「キャリア女性」なんていう言葉もなかった時代に、いわゆる“職業婦人”として自分の足で立った女性だった。その自立にどれほどの苦労があったかは想像に難くない。

「正しいことを“大人の事情”で周囲に迎合して曲げるようなことは決してなかったと聞きました」(柴田)
例えば、「給食の主食はパン」とお上から通達されたときも、「米を持っている農家の子が給食費を払ってパンを食べるのはおかしい!」とひとり反対。教育委員会に呼び出されてもひるむどころか、教頭に怒りの反論をぶちまけたというが…
(女性セブン)

【送料無料!ポイント2倍!!】【書籍】柴田理恵のもっともっと昆布活用術

柴田理恵も久本雅美と共に苦しい劇団時代を乗り切って今に至っていますが、柴田理恵の底知れぬパワーはお母さん譲りだったんですね。
それにしてもサルと取っ組み合いはすごいエピソードですね・・・

★柴田理恵の消したい過去ENTAMERANKING
★柴田理恵と久本雅美の危ないうわさGEINOU UWASA


Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票

【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 16:00 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする