TOPNEWS

2011年03月29日

東電社長が表に出てこない本当の理由


重大な爆発・放射能漏れ事故を起こしてしまった東京電力福島第一原発。
周辺からは高濃度の放射性物質が観測されている他、東京や茨城でも基準値を上回る水道水や野菜が検出されるなど、事態は深刻さを増す一方だ。
しかし謝罪会見にも連日の状況説明発表でも東京電力の社長の姿はなし。
これに対して「何で社長が出てこない!?」と怒りの声が上がっていたが、その東電社長が表に出てこない理由が判明したという。
その理由に怒りの声が…→ ranking

【送料無料!ポイント2倍!!】【書籍】原発クライシス

続きを読むentameranking
track.gif


PICKUPNEWS
Powered By 画RSS

事故当初は「放射能漏れはない」と強気だった東京電力だが、東京や茨城・千葉などで基準値を上回る放射性物質が水道水から検出された他、茨城のホウレンソウや福島の牛乳からも基準値を大幅に上回る放射性物質が検出されて出荷制限がかけられるなど、事態は悪くなる一方だ。
にもかかわらず一切、表舞台に出てこない東電社長に対して批判の声が上がっていた。

しかし東電の社長がどうして表に出てこないのか、その理由がようやく判明。
どうやら東京電力の清水社長は福島原発の事故後、不眠不休で対応にあたっていたものの、過労により16日にダウン。その後1週間はほぼ寝たきりの安静状態だったため、謝罪会見や状況報告の発表にも姿を現せなかったというのだ。
しかしその一方でこんな怪しい話も → UWASA ranking

uwasasinsou.JPG


清水社長が国民の前に姿を表さないのは今回の事故で恐喝的に政治家から政治献金の増額を求められ、その対応に忙しいからだというのだ。
22日にも福島県知事に「謝罪面会」を要求し、拒絶された清水社長だが、国民の前には姿を見せず、県知事や政治家と言った権力者への対応に終始している姿はあまりにも誠意がなさすぎるように思えるが…
★東京電力の清水正孝社長の顔が全然見えないのは、政治家たちに政治献金をタカられて忙しいからか?
★【資料】福島原発、実はもう手遅れなんじゃ…
★本当は怖いだけじゃない「放射線の話」
ドキュメント原発建設−世界一の「巨大技術」に挑んだ男たち

地元からは強い反発があった原発を推進するためにはかなりの「お金」と「政治力」が働いたと言われています。
記事によると福島県知事も多額の交付金と引き換えにプルサーマル導入の受け入れを決定しているようで、結局、誰も住人の利益を考えていない印象を受けます。
東電社長には「政治のため」ではなく「国民のため」に何をすべきかを真剣に考え、実行して欲しいと思います。

★放射能の本当の怖さENTAMERANKING
★東京電力の危ないうわさGEINOU UWASA



Powered By 画RSS
Powered By 我RSS

⇒回答を受付中のその他の投票

【芸能ニュースの最新記事】
posted by makoto at 19:00 | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする